Loading...
  • SHOP MANAGER
    YOHEI MUTO
    武藤 洋平
    2008年入社
    RAGTAG渋谷店
    店長

強いチームをつくることが、
良いお店づくりにつながる。

大好きな洋服に携わる仕事をしたいと考え、様々な会社に出会いましたが、最終的にティンパンアレイに入社を決めました。一番の決め手は、選考で出会う社員が皆いきいきと働いている姿を見て。若手の社員もベテランの社員も主体的に、自ら行動していて、「仕事」を楽しんでいる印象を受けました。選考の際も、表面的な部分では無くじっくり話を聞き、自分のことを知りたいという社員の気持ちが伝わってきました。ここならやりがいを感じ、自分らしく働くことができる!と確信しました。

成長のヒントを与えられるような存在へ。

店長が担うのは、店舗の運営全般です。スタッフの育成や業績、VMDの管理などを行い、お店づくりに関わる全てを行います。ひとつの会社を経営しているようで、責任がある分大きなやりがいがあります。お客様にファッションを存分に楽しんでいただけるようなお店を作る為には、お客様をおもてなしするスタッフの育成、強いチーム作りが特に重要です。私自身、キャリアアップを踏んでいく中で、沢山の課題にぶつかりました。一対一のコミュニケーションは得意でも、大勢のスタッフに意志を伝えたり、チームのモチベーションを高めることに苦手意識があったんです。そんな時ヒントをくれたのは、当時の店長や上司でした。客観的に自分の姿を指摘してくださり、自分自身と向き合うことができました。苦手意識を克服した今、自分もまた店長として、スタッフに成長のヒントを与えられるような存在になっていきたいと思っています。

主体性を引き出すために、まず自分が主体的に。

どんなお店、チームを作りたいか。店長を任せていただく際に考えました。私の出した答えは「スタッフ全員が主体的に行動するお店にする」こと。ただ決められたことを決められた通りに行うのではなく、「お客様が楽しくお買い物をするお店・空間を作る!」という想いを統一し、あとはスタッフが主体的に創意工夫や提案が飛び交うチームにしたい。その想いをお店のスタッフに伝え続けました。自分で判断し、自分で行動できる。そこにスタッフもやりがいを感じてくれて、日々成長を感じています。スタッフそれぞれの強みや持っている力を引き出せるような店長でありたい。それが今掲げている目標です。

  • COORDINATE

    ジャケット DRESS BY KATO
    シャツ COMME des GARCONS SHIRT
    パンツ Yohji Yamamoto
    ソックス ANTIPAST
    メガネ THE BARRACKS

社員紹介一覧に戻る