Loading...
  • BUYER
    AKIKO
    MORITA

    森田 亜希子
    2007年入社
    RAGTAG新宿
    マルイアネックス店
    バイヤー

子どもの笑顔、お客様の笑顔。
どちらも欲張りに頑張りたい。

接客を通して、お客様を笑顔にする仕事がしたい。学生時代に飲食店でアルバイトをしていたこともあって、私は接客業を志望していました。中でも興味があったのが大好きなアパレル。ただ、ブランドをひとつに限定してしまうことには少し抵抗が。幅広いブランドを扱うことで、様々な年齢層や思考のお客様と関わりたい。そう思う私にぴったり合ったのが、ラグタグであり、ティンパンアレイでした。ここだったら、ブランドもお客様の幅も無限大。自分の接客の可能性を広げることができると確信しました。

ママになっても頑張れるのは、周りのスタッフや会社のおかげ。

入社して6年目、結婚と出産を経験しました。当時、すでに複数名の育成も担当しており、仕事の責任は重大。もちろん不安も感じました。しかし、店長に相談すると、仕事量の調節や勤務時間の短縮など、ストレスフリーな環境を整えてくれました。育成の仕事は他のスタッフに手伝っていただき、勤務時間も短時間勤務にしてもらいました。抱えていた悩みは一気に吹き飛びました。一緒に働いていたスタッフの雰囲気もとても温かい。荷物を持ってくれたり、体調不良の時はフォローしてくれたりと、いま思い出しても感謝の気持ちでいっぱいです。出産関係の制度も充実しているのがティンパンアレイ。実際私も、産休を2カ月、育休を1年半もらいました。安心して出産・子育てができる環境は、男女問わず嬉しいですね。先輩にも母親、父親の人が多いです。また、接客においては妊婦さんにストレッチの効いたパンツを薦めるなど、お子さんのいらっしゃるお客様への接客の新しい視点を身に付けることができました。子どもができても、日々大好きな服やお客様に囲まれて仕事ができている。こんなに素晴らしいことはありません。


お客様の笑顔が、
私の接客魂に火をつける。

私がこの仕事をいつまでも続けたい理由。それはやっぱりお客様との楽しい会話。「楽しかった、また来ます」という一言、そして満面の笑顔を見られること。ただそこにある1点の商品を販売するのが仕事ではありません。お客様一人ひとりの潜在的なニーズを引き出し、お客様に一番合ったご提案をすることが私たちの役割。かゆい所に手が届いているかということも大切です。さまざまなお話を沢山して、お客様がお洋服を着る実際のシーンを想像し、ご提案する。丁寧すぎるくらいがちょうどいいのかもしれません。経験を積むうちに、ご提案できるファッションジャンルの幅も増えてきました。学生時代から大好きな「これぞラグタグ!」という笑顔と丁寧な接客をこれからも心がけていきます。

  • COORDINATE

    ニットベスト Chloe
    パンツ DRESSTERIOR
    シューズ IENA
    ネックレス MARNI

社員紹介一覧に戻る